Follow Me!

  • Facebook
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram
 

ブログ BLOG

NEW

  • イベント
  • コワーキング

2016.07.27

Any初! 医療セミナー開催しました!!

みなさん、こんにちは! 
今回は、Anyスタッフから先日7月25日(月)に開催した医療セミナーについてのレポートです。

Anyにおける医療セミナーは初の開催。
講師には、浜松医科大学医学部付属病院 医療福祉支援センター・センター長の小林利彦氏をお招きし、「認知症」について、様々な視点でお話いただきました。

まず、小林先生のプロフィールから・・・・
先生は名古屋市の生まれで、浜松医科大学を卒業され、外科医のご出身。現在は、病院外でのお仕事を中心に従事され、地域のコミュニティづくりにとても励まれておられます。

さて、今回のテーマは「認知症」です。
冒頭、先生からいきなりですけど、、「今や、80歳以降の3人に一人は認知症となる時代ですよ!」とのお話が・・・
将来、認知症になる可能性がそこまで高いとは?! びっくりです。
またご高齢の親御さんを持つ世代の方にとっては、今後介護という問題、その時どうすればよいのか?など、まさに他人事とは言ない時代に突入しているんですね・・・

そもそも認知症とは「記憶障害」のほか、「失語や失認、そして段取りなどができなくなったり、ちょっと前にやっていたことを忘れてしまったり、、、」このような兆候がみられるようになると、認知症の疑いがあるとのことです。

一方で、「健康寿命」と言う言葉があって、これは健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間、という意味。いわゆる「自立」した生活が送れる期間のことをさすそうです。
実は、浜松市は、他の市に比べて健康寿命がとても高いんですって! 
だからこそ、今のうちから健康でいられる間に、できることはやりましょう!!というのが先生のお考えでした。

そこで認知症になってしまった方やその介護をしておられる方々の傾向として、、、
 ・人と人のつながりが減ってくる(ひきこもりになりがち)
 ・介護疲れ     
などが特徴としてあげられるとのことです。深刻な問題です・・・

そこで先生から、、、
★外に出て、いろんな人と会って、交流してほしい!
★特に男性がもっと気軽に集まって交流ができる場を作ること!

「いろんな悩みを抱えておられる人たちが集まって、交流する。
ストレスが解消できる!そんな空間をぜひ作りたい!!
浜松にも、「認知症カフェ」と言って、認知症の患者さんや家族などが気軽に集まれる場所ができつつあります。
いわゆる相談窓口みたいなところです。
60歳を超えたぐらいから、時々寄れるようなコミュニティ・カフェが増えてくれるととても嬉しい。
そういった、地域における「暮らしの保健室」的な場所が、この浜松のまちなかにあると嬉しいんです!!」
と力強く語っていただきました。

この他にも、認知症の予防のお話などたくさん教えていただきました。

最後に、先生からみなさんに伝えたいこと(メッセージ)を3つ、いただきましたので、ご紹介します。
①医師として「食事」「運動」の重要性を語るのは簡単だが、「社会活動」が健康寿命の延伸や認知症予防につながることも知ってほしい!
②現役を離れたシニア世代の男性が気軽に集まれる「男の井戸端会議」を各地につくりたい!
③つえ(杖)や車イスの世話にならない「自立」も大事ですが、自分の第二の人生(生き方)を自分で決められる「自律」の方が格好良い!

地域医療に力を入れておられる小林先生のお言葉にはとっても説得力があり、
この浜松のまちなかの活性化(にぎわいづくり)に医療(医師)の立場で貢献されたい、、という思いが
とても伝わりました。

われわれまちづくりの関係者にとって、地域で支えていくということの大切さや、人と人との交流がとても重要であるという認識をあらためて感じました。

小林先生、心強いメッセージ、本当にありがとうございました!!!

★今後Anyでは、毎月第4月曜日を「医療の日」として、セミナーを定期開催していく予定です。
今回参加されたみなさんからは、
「大変勉強になり参加してよかった。もっと認知症について知りたい」「認知症について改めて考えさせられた」「自立より自律の大切さを知りました」「物忘れがひどくなった母親の為にも今回参加してよかった」
などの感想を寄せていただきました。ご参加ありがとうございました!

次回・8月22(月) 小林先生による医療セミナーのテーマは、
『認知症とフレイル』です。

参加者のみなさんから、次回も認知症をより詳しく教えてほしいというご要望がありました!!
今回参加されなかった方(特に男性陣!)もぜひご参加くださいね!

募集開始次第「Anyのワークショップ」のページやAnyの館内でお知らせします!
お申し込みお待ちしてまーす!!       

その他の記事を見る

TOPICS

↑ページの先頭へ