Follow Me!

  • Facebook
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram
  • Instagram
 

ブログ BLOG

NEW

  • お知らせ
  • まちなか
  • イベント

2022.01.11

【浜松まちなか】Hirano Art Galleryで「木津文哉カレンダー原画展 2022」が期間限定開催🎨

平野美術館1階のHirano Art Galleryで期間限定の展覧会が開催されます。

🎨今回は木津文哉カレンダー原画展 2022です🎨

 

浜松市出身で、現在東京藝術大学美術学部教授を務める木津文哉さんのカレンダー原画展です。ご興味のある方、是非平野美術館に行ってみて下さいね♪

 

 

Any~換気のできるレンタルスペース~より、間渕がお届けします♪

 

 

友だち追加

はままちコンシェル友達募集中!

 

 

最新情報はInstagramで!

 

 

展覧会の内容

20年以上制作を続けるカレンダーの原画と、過去の作品あわせて約30点が展示されます。思わず見入ってしまう繊細な描写のものから、画面が迫る大作品まで木津さんの世界を楽しんでいただける展示です。併設ショップでは、2022年カレンダーやポストカードなどの木津グッズの販売も!

また、展覧会初日にはオープニングイベントを開催!参加無料、事前予約制のイベントです。

 

~オープニングイベントの詳細~

状況により内容が変更される場合がございます。ご参加希望の方は下記まで必ずお問い合わせください。

 

 日時

 2022年1月15日(土)16:00~

 場所  Hirano Art Gallery(平野美術館 1階)
 参加料  無料
 定員  30名 ※要予約
 申込先(お問合せ先)

 ◎丸八不動産 株式会社丸八エンターテインメント
 ・電話番号:053-424-5311
 ・メールアドレス:info@08ent.com 

 タイムテーブル

 ①16:00~ オープニングトーク

  金原宏行 (美術評論家) ×木津文哉

 ②17:00~ オープニングレセプション

 

木津文哉さんについて

プロフィール

※静岡県に関わる出来事は赤文字で表記しております。

1958年 浜松市生まれ

1985年 東京藝術大学美術学部美術研究科修士課程修了

1997年 木津文哉展(財団法人平野美術館)

1999年 現代日本絵画の展望展特別賞(東京ステーションギャラリー)

2011年 「木津文哉トリックアートの世界」<静岡常葉美術館>

2015年 「絵画と写真で綴る大鉄道展」(財団法人笠間日動美術館)

他、個展・グループ展多数。現在、東京藝術大学美術学部教授。独立美術協会会員。

 

作品

「ART’S」(HAMAMATSU ART & MUSIC NEWS 芸術音楽情報誌)に木津さんの作品が掲載されていましたのでご紹介します🎨こちらの冊子はAnyで配布中です!ご興味のある方、手にとってご覧ください。

 

「野荒らしの虎」, 2021年, 6F, ミクストメディア

 

「夜のドライヴ」, 2021年, 6F, ミクストメディア

 

「ジャガイモの便り」, 2021年, 6F, ミクストメディア

 

 

原画展に向けてメッセージ

以下木津さんからのメッセージです↓

 毎度書いているような気もするが、年初のカレンダー原画展が今年も近づいて、原画制作の怒涛のような時間に立ち向かう月日が流れていく。高校2年生くらいに絵を学び始めたから、単純計算すると来年2022年で47年になる。驚くような年月の中で絵の事ばかり考えてきた。我ながら驚く。二足の草鞋の大学の仕事も数えてみると奉職してから38年。

 そりゃ年も取る訳だ。しかし自分ではちっとも大人になった気がしない。

 大人というかプロというか。絵を勉強した当初に思っていた、「絵とは何だろう」「どうすれば自分のオリジナルな作品が創れるか」そういったことだけを考えて画面に向き合ってきたのだが、達成感が未だに無い。どうした事だろう。

 それだけ長く制作活動を続けていると、キツくつらい日々の連続の中で残してきた作品達に、思いがけない場所で出会う事がある。自分の中で忘れられない作品もあれば、すっかり記憶から抜け落ちている作品もある。しかし一様にその作品達はなんだか「大人」の顔つきに見えるのだ。描いている作者であるはずの自分は一向に子供のままなのだが。

 自分の手を離れて独り歩きするのが作品なのだが、20~30年前に描いた作品達が妙に大人びて見えるのだ。描き上げた時から他所に旅立って潜り抜けてきた時間が彼らを成長させていく、と書くと何だか大げさで詩的だけれど、そう書くのが一番ぴったりくる。

 残してきた作品達から見下ろされて見つめられているような気さえする。「まだあの頃のようにジタバタしてるのか?」と。そうです。今でも、おそらくこれからもジタバタしていくでしょう。

 

展覧会の詳細

 

 展覧会名

 木津文哉カレンダー原画展2022

 日時

 2022年1月15日(土) ~ 1月30日 (日) 

・金土日 10:00〜17:00  OPEN
・水木  13:00〜15:00 ※要予約

 ※月・火お休み 

 場所

 Hirano Art Gallery(平野美術館 1階)

 ※クリックするとアクセスのページにつながります。

 お問い合わせ  丸八不動産 株式会社丸八エンターテインメント
 ・電話番号:053-424-5311
 ・メールアドレス:info@08ent.com 
 関連サイト

 ◎丸八不動産 株式会社丸八エンターテインメント

 ◎木津文哉さん

 

~新型コロナウイルス感染症への対策~
①アルコール消毒液の設置
②マスク着用
③会場内の換気
④スタッフの手洗い、うがいの実施
*発熱等、体調のすぐれない方のご来場を遠慮いただいております。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

場所

Hirano Art Gallery(平野美術館 1階)

 

アクセス

☆ バスでお越しの方

 

 JR東海道線・浜松駅よりJR浜松駅北口を出て、遠州鉄道バス乗り場(12番乗り場)から《内野台行》乗車、《元浜町》下車すぐ(乗車時間約8分)。

 

☆ 自動車でお越しの方

東名浜松IC、または浜松西ICから約30分 二俣街道沿い

タクシーの場合は浜松駅より約5分

※約10台分の駐車スペースがあります。

 

平野美術館の簡単な情報

 公益財団法人 平野美術館の公式サイトはこちらから

 

平野美術館は2021年12月20日~2022年4月1日まで、資料整理のため休館しております。次回展は4月2日(土)からになります。

 

① 休館日

 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始、展示替期間

 

② 開館時間

 10:00~17:00 (入館は16:30まで)

 

 ③ 観覧料

・一般  500円(団体料金400円)※特別展の場合は800円

・中高生 300円(団体料金240円)

・小学生 200円(団体料金160円)

 ※20名以上で団体料金になります。
 ※土日に限り小中学生無料です。

 ※キッズアートプロジェクトしずおかパスポート提示で県内小学生は無料です。
 ※障害者手帳をお持ちの方、および介助者1名まで100円割引になります。(その他割引併用不可)
 ※特別展・企画展開催中は別料金になります。

 

合わせて読みたい

去年の秋にAnyスタッフが平野美術館にお邪魔しました♪

浜松市中区元浜町『平野美術館』に行ってきました☆

 

 

新浜松駅すぐ、H&Mすぐお隣、「はままちプラス」のイベント情報です!

施設内の木の椅子「aisu」を販売する入政建築さんの展示相談会が開催されます🌳

【はままちプラス】1/15(土)展示会開催!おひさまと木の家展@はままちプラス

 

 

その他の記事を見る

TOPICS

↑ページの先頭へ